分光光度計

DNA、RNA、タンパク質の正確な定量及びその純度の評価はqRT PCR、シーケンシング、マイクロアレイ、ウエスタンブロッティングなど、あらゆる種類のダウンストリームアプリケーションにとって最も重要です。 しかし特にマイクロプレートで増殖した細胞の溶解物、または患者や実験動物からの小さな組織サンプルを測定する場合、生物学的サンプルの利用可能な量は非常に限られていることがよくあります。
そのため最小量のサンプルで測定が可能なUV可視分光光度計は分子生物学の手法を使用する実験室で非常に有用です。 同じサンプルを複数回測定することを避けるために、特に低濃度での高い再現性と広い線形範囲が望ましいです。

微量分光光度計
比色計
分光光度計