プレートルミノメーター

Centro LB963

Centro LB963はグローおよびフラッシュ発光アッセイの両方に対応する、高性能で使いやすく、用途の広い96ウェルマイクロプレートルミノメーターです。機器の最適化された光学システムは、バックグラウンドを最小限に抑え、クロストークを限りなく低くします(10-6)。最大3つのインジェクターを装備できます。

Centro XSバージョンのシステムは、従来のCentroに基づいて構築されており、その信頼性と堅牢性を共有していますが、感度をさらに高めるよう最適化されています。Centro XSは、最も感度の高いマイクロプレートルミノメーターであり、信頼性があります。1ウェルあたり1.8 amol / ATP未満を検出します。これにより、Centro XSは、細胞生存率の測定などのアプリケーションの理想的なパートナーになります。その他にも腫瘍化学感受性アッセイ、細胞増殖、抗生物質感受性試験または病原体検出などのアプリケーションで活躍しています。

超高感度

LB963_02

フォトンカウンティングモードで動作する光電子増倍管の厳格な選択と、ルミノメーターの開発における40年以上の経験のおかげで、Centroは高感度の発光検出を提供します。5 amol / ATP /ウェル(25 fM)未満を確実に検出できます。 Centro XSでは、光学系が最適化され、感度がさらに向上しています。1.8 amol / ATP / ウェル(9 fM)未満です。

低クロストーク

crosstalk

測定を実行するときに、低強度のウェルに囲まれた高強度のサンプルがいくつか見られることがよくありますか?これはクロストークと呼ばれる現象の影響を受けている可能性があります。 Centro LB963のクロストーク低減設計は、この問題をほぼ解消します。クロストークが10-6の場合、プレート内の高輝度サンプルの位置を心配する必要はありません。

JETインジェクター

injector

Centro LB963には容量可変の最大3つのJETインジェクターを装備できます。 JETインジェクターの超高速注入速度により、注入と測定の間の遅延がなくなり、フラッシュ発光のような高速反応の測定が可能になります。
Berthold Technologies社のJETインジェクターは、正確で高速な注入のためにテフロンベローズを使用し、最も効率的な混合と長寿命を保証します。

Centro LB963 主な仕様

Centro Research LB963Centro Advanced LB963Centro XS LB963
感度< 5 amol / ATP< 1.8 amol / ATP
測定波長340 nm – 630 nm
ダイナミックレンジ> 6 桁
クロストーク10-6
インジェクター3台まで内蔵可能 10 – 100 μl (1 μl ステップ)
温度コントロールなし室温+5 ℃ – 45 ℃なし
サイズ (WDH)334 × 437 × 287 mm
重量約 21.8 kg

アプリケーション

  • ATP測定
  • レポータージーンアッセイ
  • カルシウム測定(イクオリンベース)
  • イムノアッセイ(LIA, ILMA)
  • DNAプローブアッセイ
  • SNP determination
  • CALUX® Assays

オプション・消耗品

文献情報

PubMed

Google Scholar

その他の製品