Microplate Readers

プレートリーダー

プレートリーダーは、マイクロプレートのウェルに含まれるサンプルを分析するために設計された高感度の機器です。マイクロプレートのフォーマットは6〜1536ウェルまでさまざまであり、短時間で多くのサンプルを読み取ることができます。測定はさまざまな検出技術を使用して実行できます。プレートリーダーで使用される最も一般的な検出モードは、吸光度、発光、および蛍光です。マイクロプレートは現代の実験室で必要不可欠になり、労力、時間、コストを節約しています。

専用機

専用のプレートリーダーは、吸光度、発光、または蛍光のいずれかの単一のテクノロジーのみを測定できます。マルチモードマイクロプレートリーダーの柔軟性に欠けていますが、マルチモードリーダーよりも優れた感度と信頼性を提供することがよくあります。たとえば、Centro XS LB963は、最も感度の高い発光検出の感度を提供します。

プレートリーダー(吸光度)
ELISAミニワークステーション
プレートルミノメーター

マルチモードプレートリーダー

マルチモードプレートリーダーには、複数の検出テクノロジーが搭載されています。これらは専用のプレートリーダーよりも複雑であり、単一の機器ですべての検出モードに対応するには、設計上の妥協が必要です。その見返りとして、それらは優れた柔軟性を提供し、特にTristar 5などの高度な機器では優れたパフォーマンスを提供します。

マルチモードプレートリーダー