キーワード検索

自動細胞クローニングシステム・自動細胞培養システム

CC-1001

特長および仕様

培養細胞を顕微鏡で観測しながら自動クローニングが可能です。 蛍光顕微鏡で複数の蛍光標識を識別し、個別にピックアップできます。 シングル細胞、コロニー、ハイブリドーマセル、CTCおよびメチルセルロースのピッキングが自動で行えます。 ピッキングの対象に応じて最適なピッキングツールを3種類取り揃えています。

  • ■ 目的細胞を自動認識、自動ピッキング可能
  • ■ 細胞の形態的認識をソフトウェアにて自動化
  • ■ 蛍光標識、酵素標識を用いることも可能
  • ■ 付着細胞のシングルセルピッキング可能
  • ■ ES細胞、iPS細胞のクローニングに最適
  • ■ 細胞やコロニーのサイズに合わせてツールを選択可能
  • ■ Cell D ソフトウェア、デスクトップ、パソコン付属
ALS Cell D ソフトウェア、パソコン付

※細胞、コロニーを自動採取すること、採取のために形状、サイズ、蛍光色で特定すること、自動分配することおよび全ての行程をドキュメント化する技術は特許保持者により保護されています。これに関わる技術を用いる場合はご自身で直接特許保持者へ特許侵害の有無をご確認あるいはアドバイスをお受け下さい。

アプリケーション

アクセサリー & オプション

各種バンドパスフィルター
各種対物レンズ
各種ピッキングツール

消耗品リスト

PDFダウンロード 

※フライヤーご希望の方は下記フォームに情報を入力下さい。

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている
Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。