Tristar2s TRF スペシャルパッケージキャンペーン 第一弾 BioDrop μLite 創業30周年記念キャンペーン 第二弾 Celvin コンパクト・ケミルミイメージャー 創業30周年記念キャンペーン 第三弾 Lumat シングルチューブルミノメーター 創業30周年記念キャンペーン

キーワード検索

The Truth About …

ベルトールドテクノロジー社の製品群は「超一流中の一流」が誇りです。 Photomultiplier Tubes(PMT's)(フォトマルチプライヤー検出器の選別)、Optical Filters(光学フィルターの利点)、Sensitivity(検出感度)、Injectors(インジェクター精度)に関する資料をご用意しています。

  • Photomultiplier Tubes(PMT's)
  • Optical Filters
  • Sensitivity
  • Injectors
  • The History of Tube Luminometers

Optical Filters

The Truth About … #2 edition

光学フィルターの特徴

光学フィルターは高感度であり正確性を追求する科学分野の研究機器に最適です。


光学フィルターは下記の特徴があります。

価格が高くない

交換がいたって簡単

蛍光色素分子や染料にそろえられる

波長幅がカスタマイズできる(5nm以下から100nmまで)

透過率が高い(最大90%まで)

一般的に顕微鏡などのイメージング装置、マイクロプレートリーダーなどの科学分析研究機器に使われます。


光学フィルターは波長の一部を選択的にかつ高い効率で透過し、不必要な他の波長の光を遮断するのに用いられます。
これらはある波長よりも長い波長の光だけを透過する(ロングパスフィルター)、逆に短い波長の光だけを透過する(ショートパスフィルター)、特定範囲の波長の幅だけ透過してそれ以外の長波長と短波長をブロックする(バンドパスフィルター)があります。 バンド幅を狭くするか広くするか、 実験する蛍光色素によって選択が可能です。


最大/最小幅の透過率やカットオフは鋭くしたり緩やかにしたりすることができます。
近年、干渉フィルターをデザインする技術は著しく改良されました。結果として、干渉フィルターは波長選択の為に現在利用できる他のどのデバイスよりも優れている特性を揃えています。
例えば、現代の光学フィルターにより希望する波長の透過幅以外は非常に低い透過率を示す "Clean filtering" (純粋なフィルタリング)が可能となりました。

モノクロメーターとの違い

励起光とそれに伴う蛍光あるいは発光の波長選択に光学フィルターを用いているマイクロプレートリーダーの大きな利点は、高いエネルギーの透過率(目的波長の光エネルギーの損失が少ない)、大きな光学口径、そして"クリーン"なバンドパスです。
これらの全ての特徴がマイクロプレートリーダで波長選択デバイスとして光学フィルターの性能が光学グレーティング(モノクロメーター)より優れていることを証明しています。


ベルトールドテクノロジーはフィルターを基本とした装置が次にあげる目的に対して最上であると信じているからこそ、我々の殆どの装置に高品質の光学フィルターを使っています。


感度…目的波長の高い透過率と不要な波長への効果的なブロッキング

半値幅の選択…半値幅の選択肢の幅が広く、様々な種類のフィルターが利用できる

素早いフィルター/波長のスイッチング…切り替え波長の差に関係なく、高速カイネティクス測定のためのフィルター切り替え時間は250ms以下です。(Fura2等の測定に最適)

ベルトールドテクノロジー社の製品群は「超一流中の一流」が誇りです。